他人ではなく

沢山のろうそく

運勢を判断するのは他人ではありません

私達は日々を過ごす上で充実した生活を送るために試行錯誤をしながらも努力を続けています。しかし、どれ程努力をしようとも人知の及ばない事態は多々あります。そうした事は大抵運勢の良し悪しとして判断することが多いでしょう。 2015年の年始に初詣をしておみくじを引いた多くの人は、その運勢の内容に一喜一憂しているかもしれません。2015年の運勢が良かった人はおみくじの結果に有頂天にならず、それを心の糧として日常に精力的に臨むことが大切です。もし悪い運勢であったならば2015年の戒めとして心掛けることで1年の指針を決める上で重要な手掛かりになります。運勢は他人が決めるものではなく、その助言を受けて自らどのように行動するかが大切です。

2015年も良い年にしましょう

運勢を判断すると言うことは自分自身の手で行えることですが、実際に良運・悪運の下にいても自己解決することは簡単ではないかもしれません。しかし、運勢とは文字通り「運の勢い」ですから、期間に限りがあると考えることから始めましょう。まずは2015年だけを注意すれば翌年からの運勢はきっと変わることでしょう。 運勢を判断する手段は様々で他者の言葉から影響を受ける人は多いかもしれません。身近にあるテレビや雑誌等のメディアで伝えられる手軽で様々な占いから対面による占い師による明確な言葉は、人の心境に変化をもたらしてくれます。また、こうした占いは多くあるため、取捨選択の権利は利用者にあります。2015年のよい運勢はきっとどこかで確認することができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加